メイクを上達させるために最も重要な事
メイクの基礎から応用、あなたに合ったメイク方法がマスターできます。


上手にメイクする3つのポイント
有名女優やモデルさんたちも担当!日本を代表するメイクのプロがメイクの仕方をあなたに教えます。


中高年女性のシミ・シワ対策メイク
たった15分で7歳若返る!中高年女性も大注目のメイク方法


IKKOの師匠が教えるメイクの方法
メディアで大活躍のIKKOも師事したメイクアップアーティストの重鎮、秦千秋(ハタチアキ)が教える簡単にして最強のメイク


人気の検索ワード |人気の検索商品|

化粧メイクの方法

化粧の仕方・メイクの方法で一番悩みが多いのが目の周辺(目~まつ毛~眉毛)にかけての化粧の仕方についてです。化粧の基礎的なことはネットを見て回れば書いていますが、それでも、目から眉にかけての化粧の仕方について、あるいは一重の人とか、たくさんの人が悩んでいるようですね。

確かに、目元が妙にきつすぎたり、逆にぼやけてたりしてる人は結構います。ギャル系の化粧であれば境界くっきりではっきりとした色をきつめに塗れば良いですし、そうでなければちょっと塗ってはボカし、ちょっと塗ってはぼかしという作業の繰り返しで大分ゆるやかな印象のメイクに仕上がるはずです。

最近は、日中に化粧を直すためにブランドの化粧ポーチや化粧ボックス(メイクBOX)を持ち歩いたりしている人も多くいますので、朝と昼とで顔つきが変わってるなんていうこともたまにあるようです(笑)。確かに、化粧くずれはみっともないですから、化粧道具を常に持ち歩くというのも当たり前ですが、あまりあれこれと持ち歩いていても大変です。ちゃんと基礎の部分をしっかりとしておけば、お化粧はそんなに手直しが必要な状況にもならないと思いますので、しっかりと化粧の仕方を身につけましょう。



化粧・メイク方法~目

化粧の仕方で一番ポイントとなるのが目~まつ毛~眉毛の辺りです。ここで印象がかなり変わってくるので皆さんランキングサイトを見たり、口コミ情報を仕入れたり、いろいろと努力されるわけです。確かに、目の周辺には化粧用品もたくさんありますから使いこなすもの大変ですね。

アイシャドー
ルナソル、シャネル、テスティモ、MAC、ディオール、マキアージュ、、、いろいろなブランドのアイシャドーがありますが、化粧の仕方は同じです。

>ブラシ
目頭から目尻にかけて往復させるように、あるいは一方方向に向けて塗っていく、化粧の仕方としてはこれだけです。基本的には幅のある部分に塗るのに適しています。一重の人は色選びに注意しましょう。

>パフチップ
目尻などを際立たせるのに向いています。目尻から目頭に向けてメイクしましょう。



アイライン
目元の印象を引き締める効果があります。化粧の仕方をいろいろ考えるなかでも、印象面での一番のポイントかもしれません。まつ毛の間をうまく色付けするのが重要です。引き方はやりやすいようにしたら良いですが、まつ毛の真ん中から外に向けて引くのがやりやすいかもしれません。




化粧・メイク方法~目vol.2

マスカラ
こちらもいろいろなブランドがしのぎを削っています。マスカラランキングを見ていると、ランコム、メイベリン、マックスファクター、へレナ、マジョリカ マジョルカなどが人気であり、化粧品コーナーに行っても、この辺りをおすすめ品としておすすめされることが多いですね。
マスカラをつける前には、ビューラーでまつ毛をカールしておいてください。
まず、上のまつ毛から始めます。
目を閉じ、ややうつむき加減になり、まつ毛の根元から滑らせるように塗っていきます。次ぎに目を開き、上まつ毛の下側をマスカラを回転させながら塗り上げます。
次は下まつ毛。
まず最初にマスカラブラシを立てた感じにして大雑把に塗っていきます。その後、マスカラを横にしてなでおろすように回転させながら塗っていきましょう。



眉毛
眉毛についても、メイク方法の中で悩みの多い部分です。眉毛のカット方法やカット基準、お手入れ、整え方、形の取り方、ラインの書き方など、いろいろな要素で悩んでしまいます。美容室やアナスタシアのようなサロンでやってもらうのが一番良い方法ですが、なかなかそうもいかない場合が多いですね。最近は男性も眉毛をカットしてますので、負けられません。
眉毛の基本
①眉頭は目頭の真上に来るようにする。
②眉尻と眉頭は水平にする。
③眉山はやや内側寄りに。
④上下の向きそれぞれに向けてブラッシングし、整わない毛はカット。
⑤アウトラインに沿って眉書きしていく。



チークと口紅

チーク(頬紅)
化粧の仕方といっても、チークはそれほど悩むこともないかもしれません。ファンデーションの後に自然な肌の色合いを出すのに使います。もっとも、場合によってはケバケバしい感じに仕上げることもありますが、基本は健康的な仕上がりを目指すことに重きが置かれています。

チークで人気なのはシャネル、RMK、アナスイ、ピエヌ、マキアージュ、NARSなんかですね。

まず、チークブラシにパウダーを含ませます。
それを手の甲でなじませた後、頬で丸く円を描く要領で動かします。また、頬骨に沿った感じでもブラシを動かし、その辺りもぼかしていきましょう。

口紅
化粧の中でも、最も使用頻度の多い化粧品ですね。口紅のCMなんかも化粧品のなかでは一番多いくらいではないでしょうか?化粧の仕方といっても、口紅は小さな頃からお母さんの化粧する姿を見ていて、一番にまねするところですから、化粧の仕方で悩む人はいないかもしれません。
人気の口紅ブランドとしては、シャネル、ディオール、マキアージュ、MAC、メイベリンなどですが、最近はブランドというよりも機能優先の傾向があり、落ちない口紅とか、無添加の口紅とかの方が消費者の関心は強いようです。



化粧の仕方マメ知識

メイクって、奥が深いんですね。メイク方法は、とても簡単な様で難しいのです。

ただ化粧品を塗るだけじゃだめなんです・・・

日本人の平均的に平面な顔をいかに、メイクの仕方によって変わって来るのです!

化粧品は、ありとあらゆる品数がありますね。お店に行くと、とても迷ってしまいますね。

自分のお肌に合った、化粧品を使わなくてはなりません。

アレルギーがある肌の人や、過敏肌、乾燥肌、脂肪肌、混合肌など様々な状態の人がいます。

まず、自分の肌の状態を良く知る事が大切ですね。

そして、間接的な様ですが、毎日の食事がとても重要なのです。

私は、余りお肌の手入れをしないのですが、毎日野菜ジュースを飲むことでとても調子が良いんです。

実は、とても大切な事なんだと、気付きました。

化粧品選びのポイントですが、添加物の種類を見ます。

肌に不必要なものが入ってないことをチェックしなくてはなりません。

基礎化粧品に入っている着色料は、売るときの見せかけの様に思います。

また、ツーンとした匂いや、試してみた時に、ヒリヒリ感がある時には、中止しましょう。

化粧水を付ける時の方法として、オリジナルですがコットンを使わずにたっぷり手のひらに浸すのも効果大です。

高くない化粧水を惜しげなく使うことも、実はとても良い化粧方法ではないでしょうか。




ファンデーション

ファンデーションはお化粧の出来をささえる重要な要素。化粧の仕方も大事ですが、どんな商品を使うのか、自分にとってどうなのかを考えることもとても大事です。

いろいろなランキングサイトもあるくらいですから、しっかりと人気のファンデーションを頭に入れてから化粧品を買いにいきましょう。

口コミ情報も貴重です。化粧の仕方っていうのは、実はそんなに大したことじゃないってよく言ってますが、化粧が決まるかどうかは、化粧の仕方、方法じゃなくって自分にその化粧品が合ってるかどうかってことなんです。色相いとか肌質とか。そういうのを知るにはやはり口コミしかないですよね。

人気のファンデーションとしては、ベアミネラル、マキアージュ、RMKなどでしょうか。

最近はミネラルファンデーションという、100%ミネラルからできた無添加ファンデーションが人気のようです。ベアミネラルがそうですね。やはり、お肌に優しいというのは女にとっても大変重要なことですからね。

ナチュラルな化粧の仕上がりを求めるならリキッドファンデーション、スピード重視ならパウダーファンデーション、なんとか隠したいシミとかがあるならコンシーラーという感じで使い分けると良いと思います。